loadingicon

LOADING

NEWS

恩納小学校で出前講座を行いました!

 

令和2年10月30日に恩納小学校4年生、11月13日に恩納小学校5年生へ向けて

農業環境コーディネーターが赤土等流出防止対策の出前講座を行いました。

 

10月30日は4年生の授業。
赤土等流出防止対策の現状について、説明を行いました。

 

 

そのあと、恩納村のサンゴ礁と赤土の被害を受けた海中の映像を、

VRでダイビング体験しながら楽しみながら知ってもらいました。

 

 

VR視聴はみんな大盛り上がり!

でも、赤土の被害を受けた海中の映像では真剣な表情になり、

赤土問題は深刻であることを理解してもらえたかなと思います。

後日、実際に圃場でベチバー植え付け体験を行いました。

 

 

みんなが協力してくれたおかげで、ベチバーをきれいに植えることができました。

これから大きく育ってサンゴ礁のある海を守って欲しいですね!

 

 

11月13日は5年生の授業。

4年生と同じように、まずは座学を受けてベチバー植え付けを行う予定でしたが、、

雨が降って植え付けが中止になってしまいました・・・。

そのため、座学をゆっくり行うことができました。

 

 

そして、赤土流出の模型を使って説明を行いました。

この模型は、今年度にNPO法人おきなわグリーンネットワークさんから

寄贈いただいたもので、今回初めて使わせていただきました。

 

 

赤土流出の影響は、海人(漁師さん)や釣人たちだけが

被害を受けているように思えますが、観光業で成り立つ恩納村では「みんなの問題」。

その言葉に子供たちは、みんなうなづいてくれました!!!

 

そのあとは、VRでダイビング体験しながら赤土が流れた海の中を観察しました。

VRをしながら先生がエアー・ダイビングを披露してみんな大爆笑する場面も。

楽しく学習してくれてよかったです♪

 

 

ベチバーの植え付けはできませんでしたが、実際に畑を見学したいということで、

小雨の中でしたが見に行きました。

 

 

教室でみた模型と、実際の畑の様子が重なったようで

「わかりやすーい!」との声をもらうことができました。

 

みんなでワイワイ、笑顔いっぱいで学んでもらえてうれしいです!

今回体験したことを心の片隅にでも、覚えててくれるといいですね(*´∀`)♪

 

うんな中学校で出前講座を行いました!

 

令和2年10月28日に、恩納村統合中学校 うんな中学校「1年生総合的な学習の時間」において、

農業環境コーディネーターが赤土等流出防止対策の出前講座を実施いたしました。

 

うんな中学校は、今年の4月に村内の中学校が統合して新しくスタートした中学校です。

 

恩納村では、「サンゴの村宣言」を行い、「SDGs未来都市」にも選定されていることから、

中学校の総合的な学習の時間に「恩納村サンゴ保全学習」として海域と陸域を繋げた環境保全学習を

行う予定となっており、その取り組みに全面的に協力しています。

 

今回は、農業環境コーディネーターの講座と一緒に、OISTのガーデニングクラブから循環型農業の

学習として「コンポストを利用した土づくり」についても協働で講座を行わせていただきました。

 

 

赤土等流出防止対策やグリーンベルトのベチバーについては、

NPO法人おきなわグリーンネットワークさんが3年前より恩納村の小学校を対象にした出前講座を

開催していたことから、中学1年生の半数以上の生徒さんが「もちろん知ってるよー!」と声を

合わせて答えてくれました。(覚えててくれてうれしい!!!)

 

 

 

そして後日、

11月17日に赤土等流出防止対策のフィールドワークとサンゴ養殖体験を行いました。

 

午前中は赤土対策体験。

ベチバー植付け、赤土対策養蜂見学、蜜源緑肥播種作業を行いました。

 

 

今回の緑肥播種は、デザイン圃場を作るというユニークな内容。

参加人数は106名で、大掛かりな作業で先生方と四苦八苦・・・。

でも、大変ながらも生徒さんたちと楽しく播種作業を行うことができました。

みんなで苦労して撒いた種。成長が楽しみなりますね!

 

 

また、OISTのガーデニングクラブの方々と恩納村のシンカレタスの栽培実験も行いました。

土づくりの話は難しかったかなーとは思いますが、、、楽しくレタスが育てられれば何よりですね。

 

 

午後はサンゴの養殖体験。

サンゴは海に赤土が流出すると育つことはできないので、

陸と海はつながっているんだよ、ということを学習しました。

きれいな海の中で、植え付けしたサンゴが元気に育ってくれるといいですね。

 

 

 

恩納村では、

今後もこのような赤土対策講座を学習カリキュラムに導入していただく活動を行っていくとのこと。

 

私たち大人も含めて、自分が暮らす地域の環境を守る方法を、

当たり前のように理解している社会を目指していきたいですね♪

 

【お知らせ】ホームページからの寄付を再開しました!

 

ホームページからの寄付について、システムの調整のため休止していましたが、

再開いたしましたのでお知らせいたします。

 

引き続き、沖縄の海を守るサポーターとしてご協力いただけましたら幸いです。

ベチバー抽出物の機能性について

 

赤土流出対策として利用されているベチバー。

グリーンベルトとして畑の周囲に植えられていますね。

 

 

そのベチバーを精油にして活用できないかと、試行錯誤しています。

色々と情報収集する中で、ベチバーの機能性を調べた論文を見つけましたので,

一部をご紹介いたします。

 

 

==============================================

論文①:ゴキブリに対する忌避効果について

 

ベチバー精油中に含有されるゴキブリに対する忌避活性物質
駒井功一郎1)、三宅隆康1)、森本正則1)、岡崎宇多子2)、播磨章一2)
1)近畿大学農学部農芸化学科、2)トキワ漢方製薬
環動昆 第8巻 第3号:139-147(1997)
 

要約:ベチバー精油のゴキブリに対する忌避活性と忌避活性物質を調べた。チャバネゴキブリおよびクロゴキブリがいるポットに、ベチバー精油を含ませたろ紙を入れた結果、忌避活性を示した。また、ベチバー精油の主な成分をガスクロマトグラフィー分析で調べた結果、セスキテルペンケトンとセスキテルペンアルコールから構成されていた。この成分を単離して再びゴキブリに対する忌避活性を調べると、セスキテルペンアルコールがセスキテルペンケトンよりも活性が強かった。これらの結果から、ベチバー精油に含まれている成分がゴキブリに対して忌避効果を示すことがわかった。

 

==============================================

論文②:抗マラリア活性について

 

STUDIES ON THE EFFECT OF SIDA ACUTA AND VETIVERIA ZIZANIOIDES AGAINST THE MALARIAL VECTOR, ANOPHELES STEPHENSI AND MALARIAL PARASITE, PLASMODIUM BERGHEI
マラリア媒介生物およびマラリア寄生虫に対するホソバキシゴジカおよびベチバーの影響に関する研究

Narasimha Aarthi1 et al.

*1Division of Entomology, Department of Zoology, School of Life Sciences, Bharathiar University, Coimbatore-641 046, Tamil Nadu, India

International Journal of Pure and Applied Zoology, Volume 2, Issue 1, pp: 51-60, 2014

 

要約:ホソバキシゴジカ(アオイ科の雑草)とベチバーの抽出物について、ハマダラカ(マラリア媒介生物の蚊)およびマラリア寄生虫に対する抗マラリア活性を調べた。ベチバー抽出物においては、ベチバー抽出物を含む水でハマダラカを生育した結果、ハマダラカの幼虫と蛹に対して濃度依存的に毒性効果が見られた。また、マラリア寄生虫に感染させたマウスにベチバー抽出物を投与した結果、寄生虫血症が濃度依存的に抑制された。これらの結果から、ベチバー抽出物には抗マラリア活性があることが示された。

 

==============================================

論文③:抗菌活性について

 

IN VITRO ANTIBACTERIAL ACTIVITY OF ETHANOLIC EXTRACT OF VETIVERIA ZIZANIOIDES ROOT
ベチバー根のエタノール抽出物のin vitro抗菌活性

V Subhadra Devi*, K Asok Kumar, M. Uma Maheswari, A T Siva Shanmugam and R Sankar Anand

Department of Pharmacology, College of Pharmacy, Sri Ramakrishna Institute of Paramedical Sciences, Coimbatore, Tamil Nadu, India

IJPSR (2010), Vol. 1, Issue 9

 

要約:ベチバー(Vetiveria zizanioides)の根の抽出物に抗菌活性があるかを調べるため、細菌を用いた培養試験を行った。ベチバーの根の成分をエタノールで抽出し、4種類の細菌(黄色ブドウ球菌、枯草菌、緑膿菌、大腸菌)をそれぞれベチバー抽出物の存在下で培養した。その結果、3種類の細菌(黄色ブドウ球菌、緑膿菌、大腸菌)で阻止帯(菌が増殖しない領域)が現れ、ベチバー抽出物の濃度依存的に大きくなった。この結果から、ベチバーには抗菌活性があることがわかった。

==============================================

 

虫や菌を避ける機能があるとは大きな発見です!

 

ベチバー精油が活用されるようになれば、

グリーンベルトとしても虫よけとしても活用できて、一石二鳥ですね。

 

赤土対策からいろんな可能性が広がります。

【お知らせ】ホームページからの寄付の一時停止について

 

現在、寄付システムの調整に伴い、ホームページからの寄付を一時停止しております。

ご支援を検討されておりました皆様におかれましては、

申し訳ございませんが、ご理解いただけましたら幸いです。

【赤土deふぇすてぃばるin石垣】VR体験を実施!

 

2019年11月30日(土)に、石垣市総合体育館にて行われた「赤土deふぇすてぃばるin石垣」で、

VR体験を実施いたしました。

 

赤土deふぇすてぃばるは、地元の子どもたちに沖縄が抱える赤土等流出問題について

理解を深めてもらおうと、毎年県内各地で開催されているイベントです。

(昨年の様子はこちら

 

今回は石垣市での開催となりました!

 

 

泥だんごやキャンドル作り体験など、

赤土に見て触れて楽しく学べるイベントです。

 

その中で、先月制作したばかりの新作VR映像を石垣でも体験を行いました。

石垣でのVR体験は今回が初めてです!

 

 

ここでもVRはとても人気!

お客さんが途切れることなくたくさんの方々に体験いただけました!

 

 

赤土等流出問題は、沖縄本島だけでなく石垣島などの離島でもおきていることを、

イベントを通して皆さんに知っていただけたのではと思っています。

 

VRの活躍の場がまた1つ増えましたね!

また機会があれば石垣での体験も行っていく予定ですので、お楽しみにー!

 

OISTサイエンスフェスタ 赤土対策VR視聴体験

 

11月16日(土)に沖縄科学大学院大学で開催されたOISTサイエンスフェスタで、

赤土対策VR視聴体験を行いました。

VR映像の第三弾、どんどん活躍の場が増えてますね。

このイベントでは合計200名以上の方々に体験いただきました。

 

今回は研究機関での実施でしたが、OISTの研究員や職員、外国人の方々からも

「わかりやすい!」「とっても先進的な啓発活動だ!」との反響をいただくことができました。

 

 

このVR体験を利用した啓発活動は、恩納村では4回ほど実施していますが、

今回のOISTサイエンスフェスタ来場者の子供たちやその家族の反応が一番いいとのこと。

科学に興味を持ってイベントに参加しているので興味津々。

 

VR待ちの子供たちがずらりと並んでいます。人気ぶりがわかりますね。

 

 

赤土等流出問題を理解してもらうには参加者の興味にあった楽しみ方が一番効果的だと感じました。

VRも1つの方法ですが、また色々と模索していければと思っています。

 

今後のイベントも乞うご期待です!

マリンダイビングに掲載されました!

 

ダイビング雑誌の「月間マリンダイビング」の12月号に、

沖縄県の赤土等流出問題と農業環境コーディネーターの取り組みについて

記事を掲載いただきました。

 

こちらが、月間マリンダイビング12月号の表紙。

ウミガメが目印です!

本屋さんで見かけたら手に取ってみてくださいね。

 

 

 

月間マリンダイビング12月号は、11月9日に発売されています。

また、Web版の「マリンダイビングWeb」にも同様の記事を掲載いただいていますので、

ぜひチェックしていただけると嬉しいです!

記事の一部はこちらで紹介しています。

 

 

「マリンダイビンWeb」では、沖縄県内で放送したCMも配信していますよー!

 

 

海を守るために頑張っている農業環境コーディネーターの活動が、

全国の皆さま、特に沖縄の海が大好きな方々に伝えられればと思っています。

 

ぜひぜひ、記事をのぞいてみてください!

サンフラワープロジェクト in HEIWA PGM チャンピオンシップ

 

2019年11月7日(木)〜10日(日)恩納村にあるPGMゴルフリゾート沖縄で開催された

HEIWA PGM チャンピオンシップでサンフラワープロジェクトも出展させていただきました。

 

天気にも恵まれ、ゴルフ場の緑が美しいですね!

写真は準優勝の今平選手のバンカーショットです。

 

 

18番ホールからは遠く伊江島も見えました。

ゴルフ場から海が見えるって、沖縄ならではの景色ですね。

 

 

サンフラワープロジェクトは、恩納村のブースとして農業環境コーディネーターが出展しました。

大きくて立派なブースですね。恩納村のブースと一目でわかります!

実は・・・VR映像の新バージョンを新たに制作しました。

その出来立てホヤホヤのVR映像もさっそく体験していただきましたよ〜!

 

 

ブース入口の巨大なポスターはドネーションポスターと言って、

コインを貼り付けて絵を浮かび上がらせる募金方法。

コインがいくつか貼られているのがわかりますね。

貴重なご支援、どうもありがとうございます!!!

 

 

上の写真でも写っていますが、VR体験は大人も子どもも楽しんでいただけました。

特に、ちびっこ達に大人気!!

VRを楽しみながら、赤土等流出問題を知るきっかけになったかなと感じています。

 

 

またブースの中では、赤土等流出問題への理解をより深めてもらうためにポスターも展示しました。

恩納村キャラクター「Sunna」ちゃんも、ブースのあちこちで見守ってくれています。

 

 

イベント期間中、たくさんの人にブースにお越しいただき、VRも楽しんでいただきました。

沖縄の抱える赤土等流出問題について、知っていただく機会になればうれしいです!

 

ラジオカーの取材を受けました!

 

2019年8月17日(土)〜18日(日)に糸満市で「南部豊かな海づくり大会」が糸満漁港で行われ、

その中で糸満市農業環境コーディネーターが赤土のブースを出展しました。

初日の17日(土)は、ラジオカーに取材に来ていただき、

生放送で赤土問題の説明と赤土ブースの紹介を行わせていただきましたよー!

 

広〜いイベント会場で、ひまわりの黄色がすごい映えていますね。

VR効果で常にお客さんが並んでいました。

 

 

入り口ではもっちんがお出迎え。

先月の土壌保全の日イベントで、玉城知事とツーショットになった、あのもっちんです。

 

 

VR体験は水族館をイメージして、少し暗くなっていますね。

大人も子どもも楽しんでいただけました。

ここでも新しく作った恩納村の海中映像が活躍しました!

 

 

 

ドネーションポスターも設置して、VRの待ち時間でコインを貼っていただきました。

貴重なご支援ありがとうございます!!

なにより、子どもたちが楽しんでくれたことが嬉しいですね。

 

 

イベントを行なった2日間で、VR体験者は約300名、いただいた募金は4,164円でした!

 

お昼過ぎにラジオカーが取材に来ました。

農業環境コーディネーターの徳里さん、生出演です!

 

 

赤土問題の現状と対策について、現場からの視点でお話しました。

赤土等の流出源の約8割は農地からなので、

農業環境コーディネーターが農家さんと一緒に対策に取り組んでいると説明しました。

赤土問題の認知はまだ低いと感じるので、この放送をきっかけに知っていただければと思います。

 

最後に記念写真を撮っていただきました。

レポーターの横山さんありがとうございました!