loadingicon

LOADING

NEWS

【赤土deふぇすてぃばるin石垣】VR体験を実施!

 

2019年11月30日(土)に、石垣市総合体育館にて行われた「赤土deふぇすてぃばるin石垣」で、

VR体験を実施いたしました。

 

赤土deふぇすてぃばるは、地元の子どもたちに沖縄が抱える赤土等流出問題について

理解を深めてもらおうと、毎年県内各地で開催されているイベントです。

(昨年の様子はこちら

 

今回は石垣市での開催となりました!

 

 

泥だんごやキャンドル作り体験など、

赤土に見て触れて楽しく学べるイベントです。

 

その中で、先月制作したばかりの新作VR映像を石垣でも体験を行いました。

石垣でのVR体験は今回が初めてです!

 

 

ここでもVRはとても人気!

お客さんが途切れることなくたくさんの方々に体験いただけました!

 

 

赤土等流出問題は、沖縄本島だけでなく石垣島などの離島でもおきていることを、

イベントを通して皆さんに知っていただけたのではと思っています。

 

VRの活躍の場がまた1つ増えましたね!

また機会があれば石垣での体験も行っていく予定ですので、お楽しみにー!

 

OISTサイエンスフェスタ 赤土対策VR視聴体験

 

11月16日(土)に沖縄科学大学院大学で開催されたOISTサイエンスフェスタで、

赤土対策VR視聴体験を行いました。

VR映像の第三弾、どんどん活躍の場が増えてますね。

このイベントでは合計200名以上の方々に体験いただきました。

 

今回は研究機関での実施でしたが、OISTの研究員や職員、外国人の方々からも

「わかりやすい!」「とっても先進的な啓発活動だ!」との反響をいただくことができました。

 

 

このVR体験を利用した啓発活動は、恩納村では4回ほど実施していますが、

今回のOISTサイエンスフェスタ来場者の子供たちやその家族の反応が一番いいとのこと。

科学に興味を持ってイベントに参加しているので興味津々。

 

VR待ちの子供たちがずらりと並んでいます。人気ぶりがわかりますね。

 

 

赤土等流出問題を理解してもらうには参加者の興味にあった楽しみ方が一番効果的だと感じました。

VRも1つの方法ですが、また色々と模索していければと思っています。

 

今後のイベントも乞うご期待です!

サンフラワープロジェクト&ヒマワリの絆プロジェクト 播種作業イベント

 

11月12日(火)に「サンフラワープロジェクト&ヒマワリの絆プロジェクト 播種作業イベント」が
恩納村の農地で行われました。

 

ひまわりの絆プロジェクトは、交通安全の啓発活動を行っているプロジェクトで、
昨年もコラボイベントを行いました。
(昨年の様子はこちら

 

これから播種作業を行う子供たち、しっかり説明を聞いていますね。えらい!

 

 

今回は、恩納村役場関係者、石川署の担当員、恩納村保育所の園児(約30名)、OIST研究員、
道の駅職員、農家さんの方々で参加しました。
そしてテレビも取材に来ていましたよー!
前より参加者が増えて少しずつ活動が広まっていると感じますね。

 

まず、昨年取れたひまわりの種を交通安全の啓発として撒いて、、

 

 

その周りに赤土等流出防止対策としてカバークロップとなる
クリムソンクローバーとコスモスを撒きました。

 

 

このひまわりが、また大きくなり花を咲かせるのが楽しみです。
交通安全と赤土対策の2つを一緒に取り組むことができた有意義なイベントになりました。

 

また進捗をご報告いたしますのでお楽しみに!

 

マリンダイビングに掲載されました!

 

ダイビング雑誌の「月間マリンダイビング」の12月号に、

沖縄県の赤土等流出問題と農業環境コーディネーターの取り組みについて

記事を掲載いただきました。

 

こちらが、月間マリンダイビング12月号の表紙。

ウミガメが目印です!

本屋さんで見かけたら手に取ってみてくださいね。

 

 

 

月間マリンダイビング12月号は、11月9日に発売されています。

また、Web版の「マリンダイビングWeb」にも同様の記事を掲載いただいていますので、

ぜひチェックしていただけると嬉しいです!

記事の一部はこちらで紹介しています。

 

 

「マリンダイビンWeb」では、沖縄県内で放送したCMも配信していますよー!

 

 

海を守るために頑張っている農業環境コーディネーターの活動が、

全国の皆さま、特に沖縄の海が大好きな方々に伝えられればと思っています。

 

ぜひぜひ、記事をのぞいてみてください!

サンフラワープロジェクト in HEIWA PGM チャンピオンシップ

 

2019年11月7日(木)〜10日(日)恩納村にあるPGMゴルフリゾート沖縄で開催された

HEIWA PGM チャンピオンシップでサンフラワープロジェクトも出展させていただきました。

 

天気にも恵まれ、ゴルフ場の緑が美しいですね!

写真は準優勝の今平選手のバンカーショットです。

 

 

18番ホールからは遠く伊江島も見えました。

ゴルフ場から海が見えるって、沖縄ならではの景色ですね。

 

 

サンフラワープロジェクトは、恩納村のブースとして農業環境コーディネーターが出展しました。

大きくて立派なブースですね。恩納村のブースと一目でわかります!

実は・・・VR映像の新バージョンを新たに制作しました。

その出来立てホヤホヤのVR映像もさっそく体験していただきましたよ〜!

 

 

ブース入口の巨大なポスターはドネーションポスターと言って、

コインを貼り付けて絵を浮かび上がらせる募金方法。

コインがいくつか貼られているのがわかりますね。

貴重なご支援、どうもありがとうございます!!!

 

 

上の写真でも写っていますが、VR体験は大人も子どもも楽しんでいただけました。

特に、ちびっこ達に大人気!!

VRを楽しみながら、赤土等流出問題を知るきっかけになったかなと感じています。

 

 

またブースの中では、赤土等流出問題への理解をより深めてもらうためにポスターも展示しました。

恩納村キャラクター「Sunna」ちゃんも、ブースのあちこちで見守ってくれています。

 

 

イベント期間中、たくさんの人にブースにお越しいただき、VRも楽しんでいただきました。

沖縄の抱える赤土等流出問題について、知っていただく機会になればうれしいです!

 

ラジオカーの取材を受けました!

 

2019年8月17日(土)〜18日(日)に糸満市で「南部豊かな海づくり大会」が糸満漁港で行われ、

その中で糸満市農業環境コーディネーターが赤土のブースを出展しました。

初日の17日(土)は、ラジオカーに取材に来ていただき、

生放送で赤土問題の説明と赤土ブースの紹介を行わせていただきましたよー!

 

広〜いイベント会場で、ひまわりの黄色がすごい映えていますね。

VR効果で常にお客さんが並んでいました。

 

 

入り口ではもっちんがお出迎え。

先月の土壌保全の日イベントで、玉城知事とツーショットになった、あのもっちんです。

 

 

VR体験は水族館をイメージして、少し暗くなっていますね。

大人も子どもも楽しんでいただけました。

ここでも新しく作った恩納村の海中映像が活躍しました!

 

 

 

ドネーションポスターも設置して、VRの待ち時間でコインを貼っていただきました。

貴重なご支援ありがとうございます!!

なにより、子どもたちが楽しんでくれたことが嬉しいですね。

 

 

イベントを行なった2日間で、VR体験者は約300名、いただいた募金は4,164円でした!

 

お昼過ぎにラジオカーが取材に来ました。

農業環境コーディネーターの徳里さん、生出演です!

 

 

赤土問題の現状と対策について、現場からの視点でお話しました。

赤土等の流出源の約8割は農地からなので、

農業環境コーディネーターが農家さんと一緒に対策に取り組んでいると説明しました。

赤土問題の認知はまだ低いと感じるので、この放送をきっかけに知っていただければと思います。

 

最後に記念写真を撮っていただきました。

レポーターの横山さんありがとうございました!

 

 

【ひまわりの絆プロジェクト】種の贈呈を行いました!

 

2018年11月に恩納村で実施した「SUNFLOWER PROJECT × ひまわりの絆プロジェクト」で

育ったひまわりの種を回収し、各関係者へ贈呈いたしましたのでご報告いたします。

 

園児たちが植えたひまわりは、こんなに大きく育ち種をつけました。

高さは人の身長くらいあります。

 

 

 

これが回収した種全て!

ひまわりの花一つ一つが大きいですね。

 

 

無事に種の収穫ができたと思いたいところですが、ここからが大変なんです・・・。

種の陰干しを2ヶ月ほど行って、それから種の仕分け作業を行います。

細かいカスを取り除いて、虫食いの種を省いて、中身のない種も分けて、良い種を選別しました。

地道な選別作業を行い、回収できた種は全部で350g!

 

この種からひまわりを生育させれば、また種ができます。

350gの貴重な種をまた植えて、どんどんひまわりを増やしていくことができますね。

 

回収できた種は、各地で赤土対策の活動を行う農業環境コーディネーターの方々へ、

赤土対策用の緑肥として贈呈いたしました。

 

また、交通安全の啓発を行う「ひまわりの絆プロジェクト」として

石川署の担当者さんへ贈呈いたしました。

 

 

 

地域で広がるひまわりとともに、赤土問題のことも少しずつ認知を広げていきたいですね。

また次のひまわりの開花が楽しみです!

 

糸満市でひまわりイベントが行われました!

 

2019年7月29日に、糸満市で地元保育園児たちが参加するひまわり収穫イベントが行われました。

収穫したひまわりは、2019年5月21日に行われた南部土壌保全の日イベントで、

地元保育園児たちと植えたひまわりです。

約2ヶ月で立派に成長して、綺麗な花を咲かせました。

 

まず、関係者挨拶と注意事項を説明して、スペシャルゲストとしていとちゃんが登場!

すぐに子供たちに囲まれて大人気でした。

この日はもっちんは忙しくて来れませんでしたが、

子供たちは「もっちんはー?」とひまわりを植えた時に来てくれたもっちんを覚えていました。

 

そして、グループに分かれてひまわり畑に入りました。

範囲は自由!広〜い畑の好きなところからひまわりを摘めるので、子供達は大喜び!

ひまわりの背丈は子供たちと同じくらいなので、

ひまわりの中にいることが実感できている様子でした。

天気もよくて、海まで見えるとっても綺麗な景色です。

 

上空から見ると一面ひまわりだらけ!

 

子供たちは、自分たちが植えたひまわりということを理解していて、愛着を持ってくれました。

お家に持ち帰ったひまわりが数日経って枯れてしまった時に、

「どうしてひまわりは枯れてしまったの?」と悲しそうにしてたそうです。

イベントをきっかけに、ひまわりのことを好きになってくれて嬉しいですね。

 

またひまわりと一緒に笑う子供たちの笑顔が見たいですね。

VR第二弾を恩納村うんな祭りでお披露目しました!

 

2019年7月27日(土)〜28日(日)に恩納村で行われた地域イベント「うんな祭り」で、

サンフラワープロジェクトのVRが活躍しましたのでご報告いたします。

 

・・・というのも、今回VRの第二弾を作りました!

 

恩納村の農業環境コーディネーターの方に、VRカメラをお渡しして海中映像を撮ってきていただき、

それを元に赤土問題の啓発映像を制作しました。

結構日程がギリギリでしたが、なんとか間に合いましたー。

 

さっそく、うんな祭りでお披露目です。

サンフラワープロジェクトの一角に、カーテンで仕切られた異空間が出現しました。

今回も海中映像ということで、水族館にいるような雰囲気を出しました。

 

 

中は写真のように真っ暗!

ブラックライトで装飾もつけました。

 

 

イベントを行なった2日間で、VR体験者は269名!

できたてホヤホヤのVR映像は、イベント来場者にとても好評でしたよ!

お客さんだけでなく、イベント関係者もみんな体験したくてぞろぞろ・・・。

 

ブースの外のいるお客さんにもどんどん体験いただきました。

後ろのひまわりののぼりが、どこよりも高くて目立っていますね。

 

 

予想以上の反響に安心しました。

どんな映像か気になる方は、農業環境コーディネーターが参加するイベントを要チェックです!

次回は糸満市で体験できるみたいですよー!

玉城知事も参加!北部「土壌保全の日」イベントが恩納村で開催!

2019年7月12日(金)に、土壌保全の日イベントが恩納村で行われました。

5月は南部地区として糸満市で行われましたが、北部地域では恩納村で実施されました。

そして今回はなんと!玉城デニー沖縄県知事にも参加いただきました!!!

 

隣にいるのはもっちんの募金箱です!

 

イベント開始の10分前くらいに「もうすぐ知事が来ますよー」と慌ただしくなりました。

イベント会場に私たちSUNFLOWER PROJECTのブースも置かせていただきましたが、

そこに知事が来てくれましたよ。

 

SUNFLOWER PROJECTの取り組みを説明した後に、

赤土問題のプロモーションとして制作したVRを体験いただきました。

 

周りをキョロキョロ見渡して興味を持っていただけましたー!

 

そして、ドネーションポスターにも募金もいただきました。

貴重なご支援、ありがとうございます!

知事が募金した場所は、魚の目の部分なので分かりやすいですね。

 

さて、イベントが始まると地元保育園児たちのダンスが始まりました。

天気にも恵まれ太陽が輝く中、一生懸命踊ってくれました。

恩納村のキャラクター「Sunnaちゃん」、

赤土のキャラクター「もっちん」もバックについてノリノリ!

 

そして、赤土流出対策の一つであるグリーンベルトとして、

ベチパーの苗を知事を先頭にみんなで植えました。

後ろでもっちんが見守っていますね。

 

この日はメディアの方達も取材に来ていましたよ!

赤土問題への関心が広く伝わることを期待したいですね。

 

玉城知事をはじめ、イベント関係者のみなさまありがとうございました。

Sunnaちゃんともっちんも覚えてねー!

 

 

追伸)

今回のイベントが沖縄県ホームページの「知事フォトギャラリー」に掲載いただきました。

掲載内容はこちらからご覧ください。